メタボと健康診断

メタボリックシンドロームとは、最近ではメタボと略され、生活習慣病の代名詞のように使われていますが、厳密には、内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、高脂血症のうちふたつ以上が併発した状態のことで、1998年にWHO(世界保健機関)が診断基準と『メタボリック症候群』という名称を発表したことで一般的な病態名になりました。

内臓脂肪や高血圧、高血糖や高脂血症は、動脈硬化を引き起こす危険因子だと考えられています。その危険因子をひとつでも持つと動脈硬化の発症リスクが5.1倍、ふたつだと9.7倍。メタボリックシンドロームのように3個から4個だと発症リスクが31.1倍まで跳ね上がるといわれています。

メタボリックシンドロームの主原因である内臓脂肪のコントロールが、メタボリックシンドロームの予防と改善につながります。運動する際に一番最初に燃焼する内臓脂肪は、運動習慣をつけることで、しっかりと減少させることができます。食生活を改善すれば、その維持ができ、体調を整えることができます。喫煙者にとっては、禁煙も効果的です。

平成16年(2004年)の厚生労働省の発表によると日本のメタボリックシンドローム人口は、予備軍を含め、40歳から74歳の中高年男性で2人に1人、女性で5人に1人だそうです。それをうけて、平成19年(2008年)4月から、医療制度改革のひとつとして、中高年層に健康診断を義務づける特定健診制度がはじまります。特定健診で、メタボリックシンドローム、もしくは予備軍と判定された方には、特定保健指導をうけることも義務付けられます。

メタボリックシンドロームの予防には、まず自分の体の状態を知ることが第一歩です。
健康診断を受けること、これが自分がメタボリックシンドロームかどうかを判断するための手段になります。そうすることで現在の自分が危険かどうかを知ることができ、予防をしようという気持ちにもつながるでしょう。

たとえば近くの病院に聞いてみたり、地域で行われている健康診断を受けてみるのもひとつの方法です。人間ドックと健康診断は似たようなものだと思われがちです。けれどもメタボリックシンドロームがどうかを知るには健康診断で十分で、人間ドックのような健康状態をより細かくみるほどのものは必要ないでしょう。

転職時の健康診断

人生一度きり!何かに迷った時、何かを始めようとした時、気合を入れるためにそう叫びたくなったときはありませんか?そうです、人生は一度きりです。転職も悪いことではありません。すっぱりと心を決めて転職を考えたなら、転職に必要な健康診断を受けて健康診断書を用意しておきましょう。

転職活動が順調に行き始めたのなら、ここらへんで健康診断を受けて健康診断書を発行してもらっておくといいのではないでしょうか。健康診断書は再就職時に必要な書類です。平日が忙しいのなら、休日に開いているクリニックがあるので調べてさっそく行ってみてはいかがでしょうか。

外資系企業に転職を考えている人もいるでしょう。その外資系企業から英文での健康診断書を求められたらどうしますか?慌てることはありません。実は英文の健康診断書を作成してくれる病院があるのです。英文での健康診断書が必要になった場合は、対応してくれる病院を調べてそこで健康診断を受けるといいでしょう。

転職の準備はオッケーですか?履歴書は大丈夫ですか?健康診断書はもう発行してもらいましたか?あなたの転職理由や目的はクリアですか?うまく転職ができるように、しっかりと計画をたて準備をすることはとても大切なことです。準備万端にして、落ち着いて新しい未来の扉を開けてください。

健康診断とは

健康診断とは診察や各種検査によって健康状態を評価することを目的としたもので、健康の維持や疾患の予防・早期発見・早期治療に役立てるために行われます。健康診断には学校や会社や地方公共団体で行われる法令により実施が義務づけられているものと、受診者の意志により任意で行われるものに大きく2つに分けられます。

個人が任意で受ける健康診断は健康診断書の発行を目的にした一般的評価を行うものが多いのですが、全身の詳細な検査を行い健康維持と病気の予防・早期発見・早期治療を目的とした病院で行われる健康診断は一般的に「人間ドック」と呼ばれています。保健所でも健康診断の簡略化したものが受けられ、基本健康診査(住民検診)と言われています。

ここで気になるのは健康診断の料金ではないでしょうか。これは加入している健康保険の種類、住んでいる地域、どこの病院で健康診断を受けるのかということによって変わって来ます。特に人間ドックの場合は基本検査項目とは別に脳ドックや特殊な検査項目などをどこまで行うかによって料金が大きく変わります。

一般的な健康診断の検査項目は既往歴・業務歴、自覚症状・他覚症状、身長・体重・視力・聴力、胸部エックス線検査、喀痰検査、血圧、肝機能、血中脂質、血糖、尿検査、心電図、婦人科検査となります。数値によって示されたりする健康診断の報告ですが、結果が返ってきた時に真っ先に正常値と比べてチェックしてみてください。異常がある場合はより詳しい検査を受けたり日常生活の中で改善出来る点をアドバイスしてもらい、工夫して実行することによって健康診断を健康へのパスポートにしてください。

就職の際の健康診断について

自分で病院に行って健康診断を受けるのは初めて。就職活動中の学生さんならそういう人が多いのではないでしょうか?就職用の健康診断、どんな検査を受ければいいか知っていますか?健康診断は予約制のところもあるので、検査を受けるときはまずは病院のシステムを確認するといいでしょう。

就職活動をはじめると健康診断書という言葉をよく耳にしたり目にしたりするようになるのではないでしょうか?それは健康診断書はかなりの確率で応募書類として求められる書類だからです。学校で発行してくれる場合も、自分で病院で健康診断を受ける場合も早めに用意しておくといいでしょう。

待ち時間を除いた健康診断の所要時間はおそらくだいたい30分〜60分程度。健康診断を受けた日から診断書が発行されるまで1週間ほどかかるので、その点を頭に置いておくといいでしょう。就職活動の都合で急ぎで必要な場合は追加料金を払うと当日に作成してくれる病院もあるようです。急いでいる場合はあらかじめ確認しておくといいでしょう。

就職時健康診断の一般的な内容といえば、診察、身体計測(身長・体重・BMI)、一般測定(血圧測定・視力測定・聴力測定)、胸部レントゲン、心電図、採血(貧血検査、肝機能、血中脂質、血糖値)、採尿などが上げられます。かかる費用は病院によってさまざまですが、だいたい5,000円〜10,000円の範囲が多いでしょう。

就職用の健康診断そしてその診断書の発行にかかる費用は病院・クリニックによってさまざまです。いつ検査してもらえるのか、予約は必要なのか、料金はいくらなのか、どれくらいで出来あがるのかなど確認しておかなければいけないことをしっかりチェックし病院を選ぶといいでしょう。

健康診断の一般的な料金は?

「健康診断っていったいいくらかかるんだろう?」と料金が気になっている人はいませんか?会社勤めをしている人は年に一度会社で健康診断を受ける機会があるかもしれません。しかし、家庭の主婦やお年寄り、学生などは自分でお金を払って自主的に受けないといけないので料金はとても気になるところでしょう。

健康診断を受けるとどれくらいの費用がかかるかご存知ですか?実際に健康診断を受けていなくても家族や友人、知人などから聞いて知っている人もいるでしょう。知っている人は、その料金は高いと思いますか?安いと思いますか?それとも妥当なものだと思いますか?

健康診断の料金は内容によってさまざまです。例えばある病院では、個人向けの基本健康診断が5,000円、さらに項目を付け足すと7,000円。また、企業向けの健康診断のAセットは7,000円でBセットは10,000円といったように個人向け、企業向け、そして内容によって料金が変わってきます。

健康のために久しぶりに健康診断に行こう、と重い腰を上げたあなた。せっかく受けるのですから、是非あなたにあった健康診断を選んでください。病院やクリニックにより健康診断の内容や料金はだいぶ違っているようですので、できるだけ内容など調べてから受けるといいでしょう。

タグ:健康診断

健康診断に関する無料レポート・小冊子

あなたは間違っていない?「血液検査表の正しい使い方」〜基準値の落とし穴〜

あなたは今までに、健康診断や病院で、血液検査を受けたことがあるでしょう?

でも・・・・

血液検査の通知票の「LDL 」「HDL 」などの記号や、並んだ数値に、

「よくわかんないけど、ま! いいや」とか、

「基準値(正常値)内だから大丈夫! 」と、

気にせず過ごしていませんか?


「血液検査表」は、あなたの健康状態を映し出す鏡!



でも、あなたの使い方は間違っているかも?!!

もし・・・間違っていたら・・・

どんな名医も あなた を救えないのです!!


この無料レポートをあなたの健康管理にお役立て下さい!


あなたは間違っていない?「血液検査表の正しい使い方」〜基準値の落とし穴〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。